高卒認定試験

【スマホで簡単】高卒認定試験の受験案内を入手する方法

※2020年度の高認試験の申し込みは終了しました。

高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の受験案内の入手方法は以下の3通りあります。

  1. パソコンorスマホで申しこむ
  2. 電話で申しこむ
  3. 配布場所に行って、直接受け取る

参考:文科省の公式HP

この中で、手軽でオススメなのは、

パソコンorスマホで申しこむ

方法です。

この記事では、スマホから受験案内を請求する手順を写真付きでご紹介します(2020年時点)

ハル
ハル
5分くらいでできると思います

 

パソコンorスマホでの受験案内の請求って、いくらかかる?

 

料金(送料込み)は、215円かかります。別途、支払手数料(※)が必要。

支払手数料(※)…コンビニ払い・LINE Pay請求書支払いは、88円。ケータイ払い・クレジットカード払いは、50円。

受験案内到着後、2週間以内に案内同封の料金支払い用紙にしたがって、支払います。

2020年度第2回高認試験・受験案内の請求受付は、9月7日(月)24時まで。出願締め切りは、9月14日(月)です。

【テレメール速達対応】
締め切りギリギリの場合(2020年度第2回高卒認定試験の場合、9月8日(火)~9月11日(金)正午の期間)は、テレメール速達対応が実施されています。速達の料金は、600円

一部の地域を除き、翌日または翌々日に受験案内が届きます。

 

スマホで高卒認定試験の受験案内を取りよせられます

びすこす
びすこす
記事は画像付きで長くなってしまったけど、実際にアクセスして入力するのは、あっという間に終わるよ!

ここからスタートできます

テレメール資料請求受付サイト

①「受験案内を請求する」をタップ

青字の「受験案内を請求する」をタップします。

 

②「次へ」をタップ

最初から「資料請求する」(①)に、チェックが入っていると思うので、そのまま「次へ」ボタン(②)をタップします。

 

③テレメールの利用が2回目以降なら、郵便番号&パスワードを入力して「次へ進む」をタップ。テレメールの利用が初めてなら、「お届け先の入力へ進む」をタップ

テレメールを

  • 前にも利用したことがある()→郵便番号&パスワードを入力して、「次へ進む」ボタンをタップ
  • 初めて利用する→「お届け先の入力へ進む」ボタンをタップ

前にも利用したことがある場合、「次へ進む」をタップした後、「お客様情報の確認」画面になり、「請求する資料の確認」画面へと進みます。(手順⑦の画面)

 

 

④名前・ヨミガナ・郵便番号を入力して「次へ」をタップ

※テレメールの利用が初めての場合です(2回目以降の場合は手順⑦まで、進みます)

  • 名前
  • ヨミガナ
  • 郵便番号

を入力して、「次へ」ボタンをタップします。

 

 

⑤住所・電話番号・メールアドレス・パスワード・性別を入力して、「次へ」をタップ

郵便番号から分かる住所は自動で入力されるので、その続きから

  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス(必須ではないが、入力すると確認メール等送ってくれる)
  • パスワード
  • 性別

を入力して、「次へ」ボタンをタップします。

 

びすこす
びすこす
あと、もう少し!

 

⑥これまで入力した情報を確認。「学年・職業」を選択し、個人情報取扱規定を確認し、同意のところにチェックを入れて、「登録する」をタップ

  • これまでに入力した情報を確認
  • 「学年・職業」を選択項目の中から選ぶ
  • 個人情報取扱規定を確認して、同意の欄にチェックを入れる

そして、「登録する」ボタンをタップします。

 

⑦請求する資料と入力した個人情報が合っているかを確認し、「請求を確定する」をタップ

  • 請求する資料
  • 個人情報

があっているかを確認して、

「この内容で、請求する資料を確定します」にチェックを入れて、

「請求を確定する」ボタンをタップします。

 

これで、高卒認定試験受験案内の申し込み完了です。

メールアドレスを登録した場合は、このあと確認メールが送られてきます。(受付番号も書いてあります)

メールアドレスを登録しなかった場合は、念のために受付完了画面をスクショするか、受付番号をメモしておきましょう。

びすこす
びすこす
お疲れさま~!

 

まとめ

びすこす
びすこす
高卒認定試験の受験案内をスマホから取りよせるのは、すごく簡単!

こちらからテレメール資料請求受付サイト

 

高卒認定試験受験案内の入手方法は3通り

  1. パソコンorスマホで申しこむ 手軽でオススメ
  2. 電話で申しこむ
  3. 配布場所に行って、直接受け取る

参考:文科省の公式HP

 

びすこす
びすこす
少しでも参考になることがあったら、うれしいです。では~!

 

こちらの記事もおすすめ