お出かけ記

【恐怖の絵本作家?】展覧会『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』に行ってきました

展覧会『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』に行ってきました。

私はつい2か月ほど前にゴーリーの作品を知ったばかりで、

ゴーリー作品に対して抱く思いは「なんか怖いんだけど、でもなんかすごく魅力的」という感じです。

そんなゴーリー初心者が展覧会に行ってきました!

 

ゴーリーを知ったきっかけはYouTubeでした

https://majimechanblog.com/%e3%80%90%e3%82%a8%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%91%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e7%b5%b5%e6%9c%ac%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%ae%ef%bc%9f/

エドワード・ゴーリーって?どんな人?どんな作品を生み出したの?

猫とバレエが大好きな多彩な作家

エドワード・ゴーリー(1925~2000)は、アメリカのシカゴ生まれ。

モノクロの緻密な線描画が印象的な作品をいくつも残しています。

作品は多岐にわたり、イラスト・絵本・劇場の舞台美術など。

バレエを愛し、そして無類の猫好きだったそうです。

展覧会に飾ってあったゴーリーの肖像写真(60代くらい?めちゃめちゃダンディなおじいちゃん)でも、猫はゴーリーの傍でたたずんでました。

日本で出版されているゴーリーの絵本

\約13.5×16センチと小さめサイズ/

日本で出版されているゴーリーの絵本のなかでも有名な次の4点。

  1. 不幸な子供
  2. うろんな客
  3. ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで
  4. おぞましい二人

(上記4作、河出書房新社。柴田元幸訳。)

タイトルからして、ただならぬ気配がしますね。

不穏なワードがチラホラ・・・

ゴーリーの絵本の世界では、あっけなく子どもが残酷な目にあったり、残虐な表現があります。「死んだ」り、「殺した」り…。

でも、「死」を軽薄に扱った奇怪な作品というわけではありません。

「死」を描くのは、何かを伝えるための”手段”であって、”目的”ではなさそうです。

ここで、「そっか!ゴーリーの絵本は”大人向け”なのか!」と私は決めてかかってたのですが。

ゴーリーによれば、一部の絵本は子ども向けに描いたとのことです。

…でも実際のところ、私は、例えば上記の絵本たちを小さい子に読み聞かせするのをためらってしまいます。(特に①・③・④)

②の『うろんな客』に関しては残虐性はないものの、小さい子が見たらコワイのかな…?それとも面白がるのか…?ちょっと気になるところです。

ここで『うろんな客』について、ちょっとご紹介したいと思います。

内容は、うろん(怪しくて疑わしいの意)な客がある一家のもとにある日突然あらわれて、迷惑千万な行為を繰り返し、気づけばそれは………といったものです。

ペンギンのようにも見える「うろんな客」が不可思議で印象的ですが、訳文がこれまた素敵。

声に出して読んでみたくなってしまう短歌調なのです。

ふと見れば 壺の上にぞ 何か立つ 珍奇な姿に一家仰天

中略

ともすれば 訳のわからぬ むかっ腹 風呂のタオルを 一切隠蔽

『うろんな客』(エドワード・ゴーリー、柴田元幸 訳、河出書房新社)

「うろんな客」は不気味で怖いんですが、ユーモラスで可愛く見えるシーンもあり。

私は特に、勝手に腹を立てて、家のバスタオルを全てかっさらって隠してしまうシーンが好きです。

絵本の訳者によるあとがきでは、「うろんな客」の正体について、なるほどなぁ…とうなってしまう一つの読みときが紹介されてます。

その読解が正解かは分かりませんが、正解だと仮定して読むと「こんな風にその存在を表現するなんて天才だな!」と思ってしまいました。

 

\壺の上に立つシーンは展覧会でパネルとして登場/

『うろんな客』以外の

  • 不幸な子供
  • ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで
  • おぞましい二人

これら3作品の内容については次の動画(中田敦彦のYouTube大学)で紹介されてますので、気になる方はどうぞ!

 

不穏にさせる天才?

私がゴーリーの絵本をいくつか読んで感じたのは、

「静かに漂う底知れない恐怖感」と

「寡黙なのに、なんかすごい訴えかけてくるものがあり、読後になんかゾワゾワした気持ちになる」でした。

どういうわけか、人生におけるわたしの使命は人をできるだけ不安にさせることなんですよ。人はみんなできるだけ不安になるべきだと思うんです。世界というのは不安なものだから。

エドワード・ゴーリー

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』(カレル・ウィルキンほか 著・柴田元幸、小山太一 訳)

ゴーリーの言葉を見て、納得です。

使命感をもって、人を不安にさせにかかってる!

そして見事まんまと不安になっている自分がいました。やられたなぁ

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展

展覧会では、原画を中心に資料や書籍などが約350点紹介されています。

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展は、兵庫県の伊丹市立美術館から始まって日本各地を巡り、この度は東京の練馬区立美術館で開催中!

練馬区立美術館では、2019.11.24(日)までです。

場所 練馬区立美術館
開催日程 2019.9.29(日)~2019.11.24(日)
休館日 月曜(※10.14と11.4は開館で翌火曜が休館)
観覧料 一般:1,000円、高校・大学生+65~74歳:800円、

中学生以上+75歳以上:無料

住所 東京都練馬区貫井1-36-16
アクセス 西武池袋線中村橋駅より徒歩3分
TEL 03-3577-1821

 

\練馬区立美術館は最寄り駅から数分!近いです/

展覧会のここがすごい!ポイント

  1. 展示物にしっかり解説があるので、ゴーリー初心者でも安心!
  2. 日本で未出版のゴーリー絵本のイラストを見ることができる!
  3. ゴーリーの絵本や関連本の読書コーナーがある!

ひとつずつ見ていきましょう。

①展示物にしっかり解説があるので、ゴーリー初心者でも安心!

例えば、絵本のイラストは全ページが展示されているわけではなく、数シーンがピックアップされて展示されています。

解説には、その絵本のあらすじや該当ページの和訳が記されていて、かなり鑑賞の手助けになりました!

鑑賞の仕方はもちろん自由 ^^

ですが、今回私はガッツリ解説を読みながら、鑑賞しました 。

②日本で未出版のゴーリー絵本のイラストを見ることができる!

ゴーリーによるポスターや家族に宛てた手紙の封筒に描いたイラストなどの展示が見れたのも嬉しかったのですが、

日本ではまだ出版されてない絵本のイラストが見れたのは、未来の楽しみを見つけたような嬉しさでした。

それは、「いつか翻訳されて、日本で出版されたら読んでみたいなぁ」というものです。

日本版がなかなか出なかったら、海外版を何とか和訳しながら読むことになりますが……(和訳できるのか…?)

やはり翻訳家さんの文章は素敵なので、そちらを読みたいです♪

展覧会に一緒に行った夫ともども、絵本『オズビック鳥』が気になりました。日本版が出ることを心待ちにしています 。

③ゴーリーの絵本や関連本の読書コーナーがある!

今回の展覧会に行くにあたって、事前にゴーリーの絵本を読んでおきたかったのですが、自宅近辺のいくつかの図書館いずれもゴーリーの絵本は置いてませんでした。

展示で絵本の数シーンのイラストが見れたのは嬉しかったですが、やはり通しで読んでみたいなぁ…と思っていたところ、ありました!

展覧会の最後、グッズ販売コーナーの手前に、読書コーナーが作られていたのです。

これは嬉しい!

その場で全てというわけにはいきませんでしたが、気になっていた絵本を5冊ほど読むことができました ^^

展覧会の余韻にひたるなら・・・

\ででん/

展覧会の余韻にひたるなら…公式図録!

グッズ販売コーナーでは、図録の他にも、

絵本やゴーリーのイラストの入ったクリアファイルやペン・マスキングテープなどの文房具、バッグなどが並んでいました。

今回、『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展に行くことができて、本当に良かったです。面白かったなぁ…もう1回行きたいくらい!

 

 

こちらの記事もおすすめ