暮らしのこと

楽天モバイルをiPhone SE(第2世代)で使ってみた感想と注意点

びすこす
びすこす
楽天モバイルをiPhoneで使うことって、できるのかな?
ハル
ハル
iPhoneでも楽天モバイルを使えるよ。私は、iPhone SEの第2世代で半年以上楽天モバイルを利用中!

お持ちの製品で楽天モバイルを
使うことができるかどうかはこちらから確認できます

手持ちのiPhoneで楽天モバイルを使える?

この記事では、

  • 私が10ヶ月間、楽天モバイルをiPhone SE(第2世代)で使ってみた感想
  • iPhoneで楽天モバイルを使うときの注意点

について書いていきます。

楽天モバイルをiPhone SE(第2世代)で使ってみた感想

(2021.6.2時点)

先に個人的な感想をまとめると、

  • 正直なところ、電話はまだ不安定かも
  • 大きな建物内ではつながらないこともある
  • 仕事で私物のスマホを使用する場合は、おすすめできない

という感じです。

上記の感想は、楽天モバイルをiPhoneで使っているゆえというより、楽天モバイルの問題だと思われます。

おすすめのケースは、

  • 家等の安定した電波環境で使うことがほとんど
  • 仕事で私物のスマホを使用することはない
  • 気軽に試して、「ダメだったらすぐ変えても良いよ」という場合

 

びすこす
びすこす
プラン料金3ヶ月無料キャンペーン中!

\最新キャンペーンをチェックする/

楽天モバイルでiPhoneを購入できます

楽天モバイルでiPhoneを購入することはできません。(過去には、楽天モバイルでiPhoneを販売していたこともあったようです)

私は手持ちのiPhone SE(第1世代)で楽天モバイルを使えないということが分かり、アップルストアで、iPhone SE(第2世代)を購入しました。

【追記 2021年6月】

現在、楽天モバイルでiPhoneを購入できるようになっています。

また、対応機種も増えました。

 

楽天モバイルの店舗で物理SIMで申しこみました

楽天モバイルでは、スマホの機種によっては、eSIMイーシムで申しこむことができます。

eSIMイーシムって?
スマホに内蔵された本体一体型のSIMのこと。物理的なSIM(SIMカード)を必要としないので、自宅でのオンライン開通がスムーズ。

楽天モバイルeSIM対応製品について

iPhone SE(第2世代)は、

  • 物理SIM(nanoSIM)
  • eSIMイーシム

どちらでも楽天モバイルに申し込めます

私は店舗で申しこんだ際に、何となく今まで慣れ親しんだ物理SIMで申し込みました。

eSIMイーシムだと自宅でオンラインで申し込むときにSIMカードが届くのを待たなくて良かったり、デュアルSIMで使える等のメリットがあります。

デュアルSIMとは?

 

感想:おおむね問題なく使うことができています

iPhone SE(第2世代)で楽天モバイルを使いだして、10ヶ月。

おおむね問題なく使うことができています

少し気になるのは、以下の2点です。

  1. 電話が不安定(通話品質がたまに気になる・たまにつながらない)
  2. iPhoneは回線の自動切替機能なし。楽天回線エリアでも、パートナー回線エリアのデータ使用量を消費する場合あり。追記:iPhone 12以降のシリーズは回線の自動切り替えに対応するようになりました

 

1.電話が不安定(通話品質が気になる・たまにつながらない)

楽天モバイルでは、「Rakuten Linkラクテン リンク」というアプリを使うと通話がし放題です。(※ナビダイヤル・災害伝言ダイアル等の特番通話は別途料金がかかります)

私は、毎日のように「Rakuten Link」を使った通話をしているのですが、たまに通話品質が気になるときがあります。(端末の問題なのかは分かりませんが…)

5~10分程度の通話は大丈夫なのですが、それ以上の長電話になったときにたまになのですが、

  • 相手の声が遠く感じる
  • 相手の声がほとんど聞こえなくなる

ということが。

長電話になるのは実家の母にかけている場合がほとんどなので、通話しづらいと感じたらLINEでかけ直したりしています。

また、たまに電話がつながらないことが。登録番号なのに、非通知でかかったり…。

電話関連では、謎の不具合がちょこちょこあります。

仕事で私物のスマホを使って頻繁に通話が必要な場合だと、楽天モバイルはやめたほうがいいかも…というのが正直な感想です。

 

2.iPhoneは回線の自動切替機能なし。楽天回線エリアでも、パートナー回線エリアのデータ使用量を消費する場合あり

楽天回線エリアはまだ拡大途上にあり、楽天回線で提供できない部分をパートナー回線が補っています。

また楽天回線エリアであっても、地下、屋内、電波の状況等によってパートナー回線の利用となる場合があります。

濃いピンク色が楽天回線エリア(2021年2月時点)

楽天回線とパートナー回線では、データをどれだけ使うことができるかが異なります。

データ容量の制限
楽天回線 無制限
パートナー回線 5GB(超過後は1Mbps)

楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT VIラクテン アンリミット シックス」では、データ使用量に応じて利用料が0円~2,980円(税込3,278円)とかわります。

前置きが長くなってしまいましたが、
iPhoneには接続回線の自動切替(パートナー回線→楽天回線)がありません

パートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動しても、自動で楽天回線に切り替わらずパートナー回線を使ったままになってしまう場合があるのです。

追記:iPhone 12以降のシリーズは回線の自動切り替えに対応するようになりました。

「自動切替」とは・・・楽天回線エリアで自動で楽天回線に接続する機能。この機能がないと、楽天回線エリアでもパートナー回線エリアのデータ容量を消費する場合がある。

楽天回線エリアで楽天回線に切り替わらないときは、以下の動作を試してみましょうと公式サイトに書かれています。

  • 機内モードのオン・オフをする
  • スマホを再起動する

私も出掛け先で試したことがあるのですが、これで解決できているのか、いまいち分からず…。

というのも、iPhoneでは、「今、楽天回線に接続されているかどうか」をピンポイントで確認しづらいからです。

iPhoneで楽天回線の使用を確認する方法
  • サービスエリアマップを見る
  • データ残容量の消費具合を見る

Androidでは、楽天回線に接続されているかをバッチリ確認することができます。

Androidで楽天回線の使用を確認する方法

Android版「my 楽天モバイル」アプリ上で確認できる

参考:楽天回線とパートナー回線のどちらに接続しているかを確認したい

 

特に手動で回線の切り替えを試したりせずに、2週間ちょっと使ったところ、こんな感じでした。(2021.2.1~2021.2.16)

【楽天回線とパートナー回線の利用比率】

楽天回線:パートナー回線

0.07GB:0.34GB

1:5

生活圏は楽天回線エリアですが、パートナー回線で接続されていることが多いようです。

私は、Wi-Fiを使用していることが多いので、パートナー回線でつながることが多少あっても、パートナー回線の低速化にならない限度(5GB)の月間データ利用量には余裕でおさまっています。

 

乗り換えて良かった?今後も使い続ける?

とりあえず乗り換えて良かったです。様子を見ながら、使っていく予定

まだ楽天回線でカバーできていない地域もありますし、楽天回線エリアでも建物の奥や地下などは、パートナー回線のおかげで利用できている状況です。

電話(Rakuten Link)の調子がイマイチなのも痛い…。

これで、もしパートナー回線が打ち切られたらと考えると…。不安がないといったらウソになります。

とはいえ、現状では楽天モバイルの料金プランのコスパは最高だと思っているので、乗り換えて良かったですし、様子を見ながらもうしばらく楽天モバイルを使っていこうと思っています。

 

楽天モバイルの料金プラン】

2021年4月からの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VIラクテン アンリミット シックスでは、データ使用量に応じて利用料が0円~2,980円(税込3,278円)

※オプション料(セキュリティ対策等)、無料外の通話(ナビダイヤル、災害伝言ダイアル等の特番通話)は別途料金が発生します。

 

iPhoneで楽天モバイルを使うときの注意点

  1. 楽天回線エリアで使っていても、パートナー回線エリアのデータ容量を消費する場合がある
  2. 2021年6月15日以降、Rakuten LinkアプリiOS版の使用に変更あり→注意しないと料金が発生する

①・・・iPhoneには接続回線の自動切替(パートナー回線→楽天回線)がありません。

そのためパートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動しても、自動で楽天回線に切り替わらずパートナー回線を使ったままになってしまう場合があるのです。

追記:iPhone 12以降のシリーズは回線の自動切り替えに対応するようになりました。

 

②・・・2021年6月15日以降、Rakuten LinkアプリiOS版の仕様が変わります。

【通話着信について】

Rakuten Linkアプリ外からかかってきた電話もこれまではRakuten Linkアプリに着信していたので、着信履歴にそのままかけ直せばOKでした。

しかし、仕様変更後、Rakuten Linkアプリ外からかかってきた電話は、iOS標準の電話アプリに着信するようになります。

そのため、そのままかけ直せば料金がかかるので、Rakuten Linkアプリからかけるように注意が必要です。

【SMS送受信について】

Rakuten Linkアプリを利用していない相手とSMSの送受信をする場合、Rakuten LinkアプリでのSMS送受信が可能でした。

しかし、仕様変更後はRakuten Linkアプリを利用していない相手とはiOS標準のメッセージアプリでしかSMS送受信ができなくなります。(有料)

例:日本から日本の電話番号にSMS送信する

→全角70文字あたり3円(税込)

 

楽天モバイルをiPhone SE(第2世代)で使ってみた感想と注意点:まとめ

楽天モバイルをiPhone SE(第2世代)で10ヶ月間使ってみて、おおむね満足しています。

電波状況と通話の質が上がれば、さらに良しという感じです。

たまに気になることはありますが、様子を見ながら、もうしばらく使っていく予定です。

iPhoneで楽天モバイルを使うときの注意点
  1. 楽天回線エリアで使っていても、パートナー回線エリアのデータ容量を消費する場合がある
  2. 2021年6月15日以降、Rakuten LinkアプリiOS版の使用に変更あり→注意しないと料金が発生する

お試しで使ってみて、合わなかった場合でも最低利用期間がないので、契約解除料はかかりません

びすこす
びすこす
参考になることがあったら、うれしいです。それでは、また~!

 

\プラン料金3ヶ月無料キャンペーン中/

こちらの記事もおすすめ