短大

【高校不登校からの】短大進学。新生活を始めるまでの流れは?

本記事では「地元を離れて、短大での新生活を始めるまでの流れ」について書いてます。

 

新生活を始めるまでの流れは?

短大進学が決まり、次にすべきことは新生活に向けた準備です。

進学先は北海道滝川市の國學院大學北海道短期大学で、私の実家は関東でしたので、1人暮らしをすることになります。

入学後に、同級生に聞いたところ、進学がどのタイミングで決まったかは本当に人それぞれなので、準備にかけた時間も人それぞれでした。

私の場合は、わりとバタバタと駆け込みで準備をしたほうだと思います。

  1. 住居を決める(3月上旬)
  2. 入学式用のスーツを購入(3月中旬)
  3. 入学式の1週間前に引っ越す(4月上旬)

①住居を決める

まずは住居を決めました。2年間住むことになる大事な場所です。

本当は内見して、納得して決めたかったです。(一応、女子ということでセキュリティ面を気にしたいところ)

内見に行こうと思えば行けないこともありませんが、

入学する年の3月上旬に物件情報のみで決めました

以下の理由からです。

①3月上旬段階で、現地に行って決めても、4月の入学まで日にちがあくので、一旦実家に帰ってくるかそのまま入居することになる(余分にお金がかかる

②4月の入学式の直前に現地に行って、短大近辺でアパートをおさえられる確証はない(自然豊かな地域で、アパート選びたい放題というわけではなさそうだった)

  1. 物件情報から、短大まで徒歩圏内で1Rのアパートを選ぶ
  2. 大家さんに電話連絡する
  3. 敷金礼金を入金して仮おさえする
  4. 入学式の1週間ほど前に現地に行く

という流れとなりました。

 

ちなみに学生寮という選択肢もありましたが、

  • 集団生活に自信がない
  • アパートと賃料が大差ない(在学当時)

という理由で選びませんでした。

②入学式用のスーツを購入

次に入学式用のスーツを購入しました。

引っ越し後でも良かったのですが、手に入らなかったらマズイので、念のため引っ越し前に用意しました。

リクルートスーツを購入したので、就活時に活躍したのはもちろん、その後10年位は着用する機会(転職時や研修)がちょこちょこありました。

 

 

③入学式の1週間前に引っ越す

入学式の1週間前に引っ越しました。母も来てくれたので、大助かりです。

家具家電付きの部屋だったため、新たに買わなければならない大物家電・家具はありませんでした。

現地に到着後に、こまごまとした生活雑貨をホームセンターや100均で、購入。

ちなみに入学式までの1週間は、新生活準備の他に観光で、札幌・小樽・旭川に出向き楽しんでました♪

 

びすこす
びすこす
しばらくして、盛大なホームシックにかかったのはまた別の話!

まとめ

新生活を始めるまでの流れ
  1. 住居を決める(3月上旬)
  2. 入学式用のスーツを購入(3月中旬)
  3. 入学式の1週間前に引っ越す(4月上旬)

 

私の場合はこんな感じでした。

何か参考になることがあれば、幸いです。

では!

こちらの記事もおすすめ