暮らしのこと

【2020年ver.】30代夫婦の1か月の支出は?

私が結婚前に気になったことのひとつが、夫婦で生活するのにいくらかかるのかということでした。

本記事では「30代夫婦の1か月の支出」と「固定費の節約どころ」について書いてます。

我が家の場合(2020ver.)をご紹介!

30代夫婦の1か月の支出は?

1か月にの支出は約21万円

住居費 100,000
生活費  40,000(※食費+日用品費)
水道光熱費  15,000(※年間の平均額)
レジャー費  10,000(※外食費含む)
通信費   5,000(※スマホ2台+ネット回線)
夫、小遣い  20,000
妻、小遣い   7,000
保険料   8,000
合計 205,000

(※年払いのものや毎月ではない出費は上の表には含まれていません)

夫婦で1か月にいくらかかるのか?

20万5千円です。約21万円ですね。

しかし、この基本額から、足がちょっと出ることが多いです。

医療費がかかったり、突発的な支出があったり…。できるだけ倹約したいものです。

 

固定費の節約どころ、2つ

① 通信費:大手キャリアスマホから格安スマホへ

手続きを面倒に感じてたのですが、いざ店に出向いたら数時間で終わりました。

使い心地も、大手を使っていたときと全く変わらず、快適です。

ちなみに今はビッグローブモバイルを使ってます。

通信費→スマホ2台で月額約15,000円の削減に

 

② 保険料:本当に必要か見直し、削れるところは削る

新婚時に不安であれこれ入った保険をひとつずつ見直しました。

解約したものもあれば、保証額を減額したものもあります。

保険料→月額約6,000円の削減に

 

おまけ①:外食費を減らす方法

休日に出掛けて疲れると、夕食作りがしんどくなり、外食になりがちでした。

外食をできるだけ減らそうと、そんなときはあらかじめ簡単なご飯を作っておくように心がけるように。

あらかじめ用意するご飯の定番は、

カルディで売っている、シンプルな具材(チキンとナスだけ等)で美味しく作れるカレールーを使ったカレー

です。簡単・美味しい!

おまけ②:家計簿はアナログ派です

大学ノートで家計簿はつけています。

1円単位で収支が合っているか厳密にチェックはしておらず、出費の記録として使っています。

1年2年と記録していくと、毎月必ずかかるわけではないけれど、年間で見たときに必要になる特別費(お中元やお歳暮。母の日や父の日のギフト。お年玉等々。)が大体どのくらいかかるか分かってきます。

いつも年始に、「今年1年でどれくらい支出がありそうかを見積もっておく」と心づもりができて良いなと思ってます。

まとめ

30代夫婦の一か月の支出は?

>>>「約21万円

固定費の節約どころは?

>>>「①通信費:大手キャリアスマホから格安スマホへ

>>>「②保険料:本当に必要か見直し、削れるところは削る

何か参考になれば、幸いです。

では!

こちらの記事もおすすめ