暮らしのこと

【2020年ver.】30代夫婦の1か月の支出は?

私が結婚前に気になったことのひとつが、夫婦で生活するのにいくらかかるのかということでした。

本記事では

  • 30代夫婦の1か月の支出
  • 固定費の節約どころ

について書いてます。

我が家の場合(2020ver.)をご紹介!

30代夫婦の1か月の支出は?

予算は、約20万円。実際の出費はプラス2~3万円

備考
住居費 100,000円
生活費 40,000円 食費+日用品費
水道光熱費 15,000円 年間の平均額
レジャー費 10,000円 外食費含む
スマホ代(2台分) 0円 1年限定(2年目から約6,000円)
ネット使用料 1,500円
小遣い(夫) 20,000円 足りないときは随時相談
小遣い(妻) 7,000円 足りないときは随時相談
保険料 8,000円
合計 201,500円

※年払いのものや毎月ではない出費は上の表には含まれていません

夫婦で1か月にいくらかかるの?

予算は201,500円、約20万円です。

この額が基本ではありますが、ちょっと足が出ることが多いです。

医療費がかかったり、突発的な支出があったり…。

予算の20万円にプラス2~3万円の約23万円が1か月のリアルな出費額です。

 

固定費の節約どころは?

食費やレジャー費などの変動費をムリして削るよりも、固定費を見直して削ったほうが節約の効果が高いとよく言われますよね。

日々かかる食費や日用品をこまかく管理し、削れるだけ削ろうとするのは大変ですが、固定費は一度見直してしまえば、次から何もしなくても自動的に節約効果が続いているのでストレスフリーです。

手を付けやすいと感じたのは、以下の2つ。

  1. スマホ代
  2. 保険料

夫と相談しながら、見直していきました。

①スマホ代:大手キャリアスマホから格安スマホへ

スマホを大手キャリアのドコモから格安スマホのビッグローブモバイルに乗り換えました。

手続きを面倒に感じてたのですが、いざ店に出向いたら数時間で完了。

  • 利用料が安くなった
  • 使い心地は大手キャリアと大差ない

ということで、大満足の結果となりました。

追記

2020年7月に楽天モバイルに乗り換えました。Rakuten UN‐LIMIT(楽天アンリミット)に申し込み、1年間は利用料が基本無料(※)になりました。
2年目からは、月額2,980円です。

※「料金1年間無料キャンペーン」は300万人対象(増減の可能性あり)

※楽天モバイルは、2020年4月8日から、格安スマホとしての位置づけから携帯キャリアとしてのサービスへと変わりました。しかし、料金的には格安スマホ並みに安いです。

今まで他社の回線を借りてサービスを提供していた(=格安スマホ)

楽天の基地局を建設し、楽天回線エリアを構築(=携帯キャリアとしてのサービス)※まだ楽天回線エリアは限定的

スマホ代の変遷

スマホ代(2台分)
ドコモ 約19,000円
ビッグローブモバイル 約6,000円
(現在)楽天モバイル 0円(1年間)

 

②保険料:本当に必要か見直し、削れるところは削る

新婚時に不安であれこれ入った保険をひとつずつ見直しました。

不必要だと思ったものは解約し、保証額も最低限のラインまで減額しました。

保険料の変遷

月額14,000円+年払25万円
(現在) 月額8,000円+年払い25万円

さらに見直し中なので、また減るかもしれません。

 

おまけ

①外食費を減らしたい

休日に出掛けると疲れてしまい、夕食作りがしんどくなって外食になりがちでした。

元から予定を立てた外食ではない、なし崩し的にする外食を減らそうと、あらかじめ簡単なご飯を作っておくように心がけるように。

あらかじめ用意するご飯の定番は、通販のほか、カルディコーヒーファームで買える「ロイタイ」のカレールーを使ったカレーです。

シンプルな具材(チキンとナスだけ等)で、簡単・美味しいカレーがすぐに完成!

②家計簿はアナログ派

大学ノートで家計簿はつけています。

1円単位で収支が合っているか厳密にチェックはしておらず、出費の記録として使用。

1年2年と記録していくと、毎月必ずかかるわけではないけれど、年間で見たときに必要になる特別費(お中元やお歳暮。母の日や父の日のギフト。お年玉等々。)が大体どのくらいかかるか分かってきます。

家計簿アプリも興味はあるので、近いうちに試したいです。

 

まとめ

30代夫婦の1か月の支出は?

予算は約20万円だけど、実際の出費は約23万円

 

固定費の節約どころは?

スマホ代と保険料

何か参考になるところがあれば、うれしいです。

では!

こちらの記事もおすすめ