暮らしのこと

【おうちでキャンプ気分】自立式ハンモックの感想【ビブレ(Vivere)】

皆さまはアウトドア派でしょうか?それともインドア派??

私はアウトドアに憧れるインドア派です。

「屋外でキャンプなんかしたら、気持ちいいだろうなぁ」

と思うのですが準備と後片付けを思うと尻込みしてしまいます…

そんな私にとって、家にいながら開放的な気分を味わえそうな「ハンモック」は長らく気になる存在でしたが、ついに購入!

使用し始めて1年が経ったので、感想を書いていきたいと思います。

ビブレの自立式ハンモック(レギュラーサイズ)をどんな感じで使ってる?

購入した自立式ハンモックは、

  • ビブレのレギュラーサイズ
  • 色はトロピカル
  • 組み立ては道具いらずで簡単(10分位でできました)
  • 耐荷重は200kg(

「自立式」のハンモックを選んだ理由は、我が家(マンション)では壁に引っかけて使うタイプのハンモックを設置するのは難しかったためです。

「自立式」なら壁に穴を開けてフックを取り付けたりする必要もなく、お手軽!

【追記 2020.7.5】
私が購入した楽天のショップ(Refurbished Supplierさん)の耐荷重の記述が200㎏から300㎏と変更されていました。同一商品をAmazonで調べると、耐荷重は200㎏となっていたので、200㎏まではまず大丈夫と考えてよさそうです。

リビングに置いて、くつろぐのに使ってます

我が家では、リビング(窓際)に置いて使ってます

  • お昼寝するもよし
  • テレビ見るもよし
  • スマホいじるもよし

私は主にお昼寝に使ってます ^^

昼間、カーテンを開けて使うと、なかなかの解放感が味わえます♪

人がのっていないと、布地はシュッとしていて、スマート※メジャーで測った数字なので、おおよそとして見てください

 

人がのると、こんな感じで布地は広がります(身長162㎝、女性)

 

すっぽり包まれる感じが落ち着きます

 

ここから、夫にモデルチェンジです。(↓)

 

成人男性がのっても余裕です(身長173㎝、男性)

 

こんな感じに座ることもできます作りがしっかりしているので、ユラユラと揺らしても安心感があります

 

ハンモックの足にはキャップをはめるようになっています

派手に床を傷つけることはなさそうなのですが、

我が家では念のため足の下にマットをしいています。

半年間使ってみてどうだった?

特筆すべきは

  1. 思った以上に大きい!(土台が場所をとる)その分、頑丈!!
  2. 夏のお昼寝が快適!最高

の2点です。

マイナス点というほどのことではないけれど、ちょっと気になったことは

塗料が少しだけポロポロ落ちる

ということです。

ひとつずつ見ていきます。

①思った以上に大きい!(土台が場所をとる)その分、頑丈!!

大きさ(土台含め)は、頑丈さと快適性に関わってくると思うので仕方ないのですが、

それにしても大きいです!

土台が場所をとるんですよね…

ビブレの自立型ハンモックにはサイズが「レギュラー」と「ダブル」があり、

長さに30㎝の差があります。

「ダブル」にしようかと迷いましたが、我が家には「レギュラー」で十分すぎる大きさでした。

購入を検討している方は、設置時のシミュレーションをしっかりおこなうことをオススメします。

 

【レギュラーとダブルのサイズ比較】

レギュラーサイズ ダブルサイズ
長さ 258cm

(250)

280cm
113cm

112)

122cm
高さ 104cm

(104)

112cm

レギュラーサイズのカッコ内の青字は私が実際に測ってみた数字。カッコなしの黒字は私が購入した楽天のショップによる数字。

※「レギュラーサイズとダブルサイズは、長さに30㎝の差がある」とのことなので、長さに関しては実際に私が測った250cmが参考になるかと思います。Amazonでも同一商品で長さは約250cmとなっていました。

 

↓参考までに、我が家の2人がけソファのサイズとの比較です。(ソファは無印良品のウレタン・ポケットコイルの2シーター)

【ハンモック(レギュラー)とソファのサイズ比較】

ビブレハンモック(レギュラー) ソファ(2人がけ)
長さ 258cm

(250)

162cm
幅(奥行) 113cm

112)

90cm
高さ 104cm

(104)

75cm

ハンモックのカッコ内の数字は私が実際に測ってみたサイズ。カッコなしの黒字は私が購入した楽天サイトによるサイズ。(ソファのサイズはカタログ表記と実寸に大きな差がなかったので、カタログ表記のみ)

 

ハンモックは見た目的には、なんかシュッとしてて特別大きく見えないのですが、

数字で見ると結構大きくて場所をとることが分かります。(土台が場所をとる)

しかし、土台が大きく、しっかりしているので安定感は抜群!

そして、布地もしっかりしていて頑丈なうえに、綿100%で気持ち良いです。

初めてハンモックにのったときは土台と布地の頑丈さにホレボレしました。

ハンモックの土台は場所をとるため、設置シミュレーションは必須

大きい分、頑丈で安定感は抜群!

②夏のお昼寝が快適!最高

夏場のハンモックは本当に最高です!

ある程度の暑さなら、クーラーいらずで熟睡できました。

涼しく快適にお昼寝できるのは、布地1枚の上に横たわれて通気性が良いからですね。

逆に冬は、そのまま使うと風邪ひきそうなレベルで体が冷えます。(1回本当に風邪ひきました…)

なので、寒い季節は暖をとれるグッズを取り入れるのがオススメです。

しかし、正直なところ、冬場の使用頻度は夏場に比べるとグッと下がりました(^ ^;

 

ブランケットを下にしいて、さらにブランケットを体にかけるくらいが良いかも…(我が家では、とりあえずユニクロで買ったブランケットを使用)

夏場のお昼寝には最適!

冬はそのまま使うと寒いので、ブランケットを使うと良さそう。

 

少し気になる?塗料が少量ポロポロ落ちる

細かいことなのですが、たまにふと見ると剥げた塗料が土台付近に落ちてます。

見た目が残念になるほど、ガッツリ塗料が取れたりはしてないので、ほとんど気にならないのですがね(^^;

ちょっとだけ塗料が取れて下に落ちてることがありました。

おまけ

  1. 荷物かけ…?
  2. 収納袋
  3. プレート

①荷物かけ…?

本来の使い方ではありませんが、

ハンモックの先のフック部分が、ちょっと物をかけるのにちょうどいい感じなのです。

雨で塗れたバッグをかけて、乾かしたりしてます。(地味に便利!)

\つい、かけたくなります/

②収納袋

購入したときに、特典でハンモックの収納袋がついてきました。

収納袋には、「ハンモックの組み立て図解」がプリントされています。

 

③プレート

ハンモックの足にはプレートがついてます。

 

\キラーン!/

まとめ

それなりに場所をとる大きなものだけに、数か月迷いましたが

「買って良かったな~」と思う一品です。

カラフルなハンモックが家の中にあると、空間がご機嫌な雰囲気になるところも気に入っています。

【ビブレ(Vivere)の自立式ハンモックのオススメポイント】

  1. 土台が頑丈で安定感がある
  2. お昼寝(特に夏)が快適になる
  3. 作りがシンプルで、組み立てが簡単

【購入前のポイント】

設置シミュレーションをする

 

実際のキャンプはハードルが高いけど、家の中で気分だけでも味わいたい方にオススメです♪

こちらの記事もおすすめ